ONENESS MEETING

Journal 2018-01-28

毎年ビジュアルを担当させて頂いている、
ONENESS MEETINGのフライヤーが今年も仕上がりました。
今回は、UNIT面を担当させて頂き、UNICE面を縄文ZINEの編集長でもある、
ニルソンデザイン事務所の望月昭秀さんが担当し、共同制作となりました。
中心の土器は、今回の『縄文と弥生』のテーマにふさわしい、弥生時代前期末の土器。
今年も、ボアダムスEYEさんや京都のSOFT、YAMAさんなど楽しみなアーティスト満載です。
2月16日(金曜日)代官山UNITでお会いしましょう。

http://onenesscamp.org

ご挨拶

Journal 2018-01-05

明けましておめでとうございます。
2018年もどうぞ宜しくお願い致します。